調理器具

はじめてストウブ(STAUB)を使っての無水調理に挑戦

投稿日:

ストウブ

念願のストウブ

買ったのは酔っ払った勢いだったものの、もともと欲しかった物の1つなので大切にしたいと思います。それにしても重たい。落とさないように気をつけます。

ついストウブ(STAUB)の鍋を買ってしまった

準備

酔いから覚めて早速使おうと思ったのですが、「慣らし」が必要らしいです。同封されている説明書を読むと書いてあります。(写真の一番上に乗っている冊子)
なべ
簡単に書くと以下の手順らしいのでその通りやります。(結果的にこの日はこの作業だけで、料理に使うのは諦めました)

  1. お湯で洗う
  2. 乾燥させる
  3. 食用油を塗る
  4. 温める
  5. 冷ます
  6. 余計な油を拭き取る

人によっては複数回行ったり、初回以外にも定期的に行うみたいです。サビを防いだりして長持ちするらしいので、面倒ですがやったほうが良さそうです。

調理

日と気を改めてとうとう実際に使います。最初ということでどういう感じになるのか知りたいので、あまり手を入れないものを作ります。(あれこれするのが面倒というのもあります)

材料(2人で食べましたが3〜4人分はあると思います)

  • 鶏胸肉2枚
  • 人参2本
  • 玉ねぎ1玉
  • なす2本
  • 味塩コショウ適量
  • 塩適量
  • オリーブオイル

下ごしらえ

  1. ナスと人参は乱切り、玉ねぎはくし型切りにし、オリーブオイルと塩をまぶします。
    1. サイズは大雑把で良い、結果的に結構大きくても大丈夫なことがわかったので好みで良いです。
    2. オリーブオイルは不要かもしれません。初回なのでこびり付きが怖くてまぶしましたが、鶏からもかなり油が出るので気にしなくても良さそうです。また油の種類にもこだわりはなくたまたまあったものを利用しています。
  2. それをストウブに敷き詰めます。
    1. 使っているのは27cmと大きめのものなので、小さいものの場合は材料を減らしたほうが良いと思います。
  3. 鶏肉は両面に味塩コショウを振ります。
  4. 皮面を上にして野菜の上に置きます。
    1. ちょうど肉2枚で蓋のような感じになります。
    2. 結局しっかりしたフタをするので皮面がどちらかはどうでも良さそうでした。
  5. 蓋をして1時間弱火にかけます
    1. 中火ではじめて、小さい音がしたり薄っすらと湯気が出だしたら弱火にします。音も湯気も注意してないと分かり辛いかもしれません。
  6. 鍋ごとテーブルに移動して蓋を開けたらおしまい。

こんな感じに出来上がっています。
肉
水入れていませんが程よく水分が出ていて、野菜類はかなり柔らかくなっていました。お肉もしっとり感を維持しており、簡単な味付しかして無いのに十分旨味が有って美味しかったです。

このまま少し手を加えればカレーやシチューは美味しいものができそうです。作ってみたいところでは煮魚や炊き込みご飯などがあります。トマト煮込みも面白そうです。

酔いどれまさになう。



-調理器具,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

フライパン

炒め物と唐揚げを楽しむために鉄フライパンを買う

鉄フライパン チャーハンや炒め物を作るときに十分な火力で調理したかったので、鉄フライパンを買いました。また、揚げ物もできるように大きめの物にしました。 鉄のフライパンを使うのは初めてなため、あまり高価 …

なべ

ついストウブ(STAUB)の鍋を買ってしまった

ストウブ(STAUB) 鋳物のとても重い鍋です。前から何となく欲しかったのですが、お酒の勢いで買ってしまいました。 大きめの27cmなので、炊飯、煮物、色々できそうで、楽しみです。(炊飯は炊飯器も土鍋 …

カテゴリー