調理器具

炒め物と唐揚げを楽しむために鉄フライパンを買う

投稿日:2017年10月16日 更新日:

フライパン

鉄フライパン

チャーハンや炒め物を作るときに十分な火力で調理したかったので、鉄フライパンを買いました。また、揚げ物もできるように大きめの物にしました。

鉄のフライパンを使うのは初めてなため、あまり高価でなく、手入れがしやすそうな物を探しました。結果として、遠藤商事の鉄黒皮厚板フライパンをAmazonで買いました。サイズは28cmです。ただ、現物を見たらもう一サイズ小さいのにすれば良かったかなと思いました。
フラパン

取手まで鉄製ですが、短時間の調理であればそれほど熱くならず、素手でも持てました。しかし、この重いフライパンの細い柄を素手で持つと痛いので、布巾などが有ったほうが良いです。
フライパン

説明書

比較していたものの中では比較的厚め(2.3mm)のため重さは1550gあります。持ってみると、振るのはキツイのですが、そのうち慣れるでしょう。

よくある鉄フライパンは購入後に空焼きなどが必要なのですが、このフライパンはシリコン加工されていてその辺が不要です。家のコンロですと安全装置のせいで空焼きがし辛いため、助かります。シリコン加工自体は自然に取れてしまうそうですが、それまでにうまく油が馴染めば焦げ付き難いまま使えるということなのでしょう。便利ですね。
説明

説明

説明

使ってみました

早速使ってみましたが、やっぱり振るのは大変でした。あまり食材が無かったため、卵とご飯のみのチャーハンです。写真の見た目は今一つですが、パラパラにはなりました。シリコン加工のおかげかフライパへの焦げ付きもありません。
チャーハン

以前買ったストウブといい、鉄製の器具は手入れは手間ですが、調理自体は楽な気がします。どちらも錆びさせないよう使っていきたいと思います。
https://goods.alcoholic-programmer.com/ついストウブ

酔いどれまさになう。

追記

ハンバーグ
つなぎの代わりにひきわり納豆を使ってハンバーグを焼いてみました。

油通しをした後は弱火で焼いています。
ひき肉は2/3は先に潰して、残りは後から混ぜてます。味付けは塩胡椒。残った油に酒、ニンニク、醤油を加えてタレ的なものも作ってかけました。

-調理器具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストウブ

はじめてストウブ(STAUB)を使っての無水調理に挑戦

念願のストウブ 買ったのは酔っ払った勢いだったものの、もともと欲しかった物の1つなので大切にしたいと思います。それにしても重たい。落とさないように気をつけます。 ついストウブ(STAUB)の鍋を買って …

なべ

ついストウブ(STAUB)の鍋を買ってしまった

ストウブ(STAUB) 鋳物のとても重い鍋です。前から何となく欲しかったのですが、お酒の勢いで買ってしまいました。 大きめの27cmなので、炊飯、煮物、色々できそうで、楽しみです。(炊飯は炊飯器も土鍋 …

カテゴリー